雑音を消してくれる音楽の効果とは?

音楽のマスキング効果で雑音を消す

レストランなどの飲食店、または多くの人が集まる場所などでは、音楽が流れていることが多いと思います。その場所独自の音楽から、ヒットチャートなど店内で流れる音楽の種類は色々ですが、何故音楽が流れているか考えたことはありますか?

この店内で流れる音楽は雰囲気のためだけに流れているものではありません。
その目的はマスキング効果という現象を狙って流れていることがほとんどです。このマスキング効果とは複数の音で他の音を消してしまう効果の事をいいます。解かり易い例で言うと、洗濯機の音がしているときに、時計などの小さな音が気にならないのに、洗濯が終わって洗濯機の駆動音がなくなると、時計の小さな駆動音が聞こえてくるといった現象のことをいいます。

このマスキング効果の使い方としては、大きな音が小さな音を人間の耳に聞こえなくしてしまうといった点です。ただ、その小さな音に意識を集中させていた場合には、若干の音は聞こえてくるとは思います。
そのため、レストランなどのサービスを行う場所では、食器のこすれる音や、人の会話、食事の音などが周りの人間に影響を与えないようにするために、音楽を流しているのです。

ただ、マスキング効果のことを知らずに雰囲気つくりのためだけに音楽を流しているという店舗もあるとは思います。